サクニッキ(はてブロ版)

猛スピードで母は

  猛スピードで母は

「私、結婚するかもしれないから」「すごいね」。小六の慎は結婚をほのめかす母を冷静に見つめ、恋人らしき男とも適度にうまくやっていく。現実に立ち向う母を子供の皮膚感覚で描いた芥川賞受賞作と、大胆でかっこいい父の愛人・洋子さんとの共同生活を爽やかに綴った文学界新人賞受賞作「サイドカーに犬」を収録。

サイドカーに犬」が読みたくて。
ハチャメチャな人 常識を必要としない人が描かれてる話は好きだ。
洋子さんはやっぱり竹内結子ちゃんだなぁ。と思った。
「猛スピードで母は」は「死日記」を彷彿させて なんか切なかった。