サクニッキ(はてブロ版)

C級フルーツパフェ

  C級フルーツパフェ

あんな男なのに、こんなにも好き!鈍感、自分勝手、神経質、うだつが上がらない…なのにキュートでしかたない男たちと、必死に愛する女たち。行き着かない思いに、もどかしさと愛おしさが溢れてくる快作短編集。

とけない魔法をかけてくれ/バイバイベイビー/チェルシーとドライブ/タイムテーブル/君のためにぼくがつくった愛のうた/スターウォーズエイジ/芳野がくる/運命の青

なんとなぁく捲った冒頭に共感できて読み始めた。
いや。アタシは教師とやった事なんてないんだけど。 
でも どの作品もうなずける。引き込まれる。自分と重なる部分があった。
多分 著者の年代が自分と近いからかもしれない。
20代後半から40代前半の女性なら 共感できるんじゃないだろうか。