サクニッキ(はてブロ版)

骨密度

定期的に受けてきた骨密度検査。
今年も全然範囲の中には入らなくて。ケツにも到達できてない。
骨の成長のピークを考えると 薬の飲み時だ。
毎日。何年も。
しかも副作用の不安も抱え込む事になる。
「副作用がでそうになったらか
 骨の密度が基準値に入ったらのどちらかですか?」
薬の止め時を聞いてみた。
「あぁ。基準値にははいりませんよ」
…。
飲む意味はあるのか。
飲ませる意味はあるのか。


化学療法のみを終了して 成長期に入る前に
骨の状態を把握できてる子供は 多分日本中を探しても多くない筈だ。
だからこの歳から薬を飲み始める子も少ないだろう。
もしかしたらいないだろう。
裏を返せば 基準値に入る可能性も十分に秘めてると思う。
でも…。


決めるのはアタシ。
生きるのはアノコ。
飲ませるのはアタシ。
飲むのはアノコ。