サクニッキ(はてブロ版)

王様のカレー

1ヵ月ほど前からオチビと約束してたカレー屋さんにランチ。
インド人の店長と店員が作るカレーとナンのお店。
さくらももこが描くインド人まんまの風貌から発する
なめらかな日本語と邪気のない笑顔。
もう、一目惚れ級の笑顔なんだよ。


自動ドアが開いて、店に一歩足を踏み入れて、あっ!と思うのは、
色々なスパイの香り。カレーへの期待が高まる。
次にあっ、と思うのはガネーシャや、手がたくさんある女の人のポスター。
装飾品も殆どがインドの物。
富士市の毘沙門さんに慣れてるオチビは「中国だねー」としきりに感心してた(汗)


そして、お待ちかねの王様ランチ。

ナンのデカさに驚く!!
アタシの顔なんて簡単に隠れちゃう。
キーボードより一回りデカ目と言えばわかりやすいだろうか。
味はほのかに甘いナンと、子供向きと言いながらも
やっぱり辛みのあるチキンカレーが合わない筈がない。


味にも、量にも大満足。ただ食べ過ぎてしまうのが難。
食べきれない分は、何も言わずともホイルをくれたり、
パックに入れてくれたりと、細やかな気配りにも感激。
オーナーの奥様?の一生懸命な笑顔にも惚れました。
良いお店だ。また行こう。