サクニッキ(はてブロ版)

月曜大阪サイエンス

がん幹細胞を攻撃せよ
http://osaka.yomiuri.co.jp/science/weekly/20100823-OYO8T00250.htm?from=ichioshi

  • がん幹細胞は主に、体のあちこちにあって様々な種類の細胞を供給する

体性幹細胞の異常でできるとされる。がんをつくる細胞の90%以上は、
あまり増殖しない普通のがん細胞で、がん幹細胞はわずか数%。

  • がん細胞を増やしたり、自分自身を増やしたりする幹細胞としての

性質を保つのに、特殊な細胞や分泌液からなる「ニッチ」と呼ばれる隠れ家を
持っている。これがないと、普通のがん細胞に近い状態になる。

  • がんによっては、普通のがん細胞が突然、がん幹細胞に変わる場合が

あるという。がん幹細胞だらけのがんも見つかっており、
多くのがん幹細胞を生み出す「親玉の中の親玉」も存在するらしい。

  • がん抑制遺伝子をなくしたマウスの幹細胞にがん遺伝子を組み込むなどして、

白血病や骨肉腫など5種類の「人工がん幹細胞」を作ることに成功。