サクニッキ(はてブロ版)

怪しい人びと

怪しい人びと

怪しい人びと

価格:500円(税込、送料別)

俺は同僚の片岡のデートのために一晩部屋を貸してあげた。その後、そのことを片岡から聞いた2人の同僚、本田と中山にも部屋を貸すことになってしまう。3カ月後のある日、いつものように、車から部屋に戻ると、見知らぬ女が寝ていて…。(「寝ていた女」)あなたのそばにいる優しい人が、いつの間にか怪しい人びとに―。著者ならではの斬新なトリック満載の傑作推理集。 寝ていた女/もう一度コールしてくれ/死んだら働けない/甘いはずなのに/灯台にて/結婚報告/コスタリカの雨は冷たい

凄く懐かしい古臭いイリーガルな薬物の名前に驚いた。
きっと古い本なのだろうと思ったら、そーでもなかった。
なんだか東野圭吾っぽくない文体の、結構退屈な本だった。