サクニッキ(はてブロ版)

四十九日のレシピ

四十九日のレシピ

四十九日のレシピ

価格:1,470円(税込、送料別)

熱田家の母・乙美が亡くなった。気力を失った父・良平のもとを訪れたのは、真っ黒に日焼けした金髪の女の子・井本。乙美の教え子だったという彼女は、生前の母に頼まれて、四十九日までのあいだ家事などを請け負うと言う。彼女は、乙美が作っていた、ある「レシピ」の存在を、良平に伝えにきたのだった。家族を包むあたたかな奇跡に、涙があふれる感動の物語。

時間潰しに本屋さんで平積みされてるのを読んだのは春先か。
やばいっ泣く本だっ!と思って閉じた後も気になって、図書館で予約したのは6月。
昨日やっとアタシのもとにやってきた。


思ったよりも泣ける話ではなかった。良かったけども。
みんないい人、アタシの好きな設定。だけど、だからこそ、
イモちゃんやハルの設定をもっと深く強く書いて欲しかった。
ダーリン熱田が最後に思い込む為の設定なんだろうけど、
ファンタジーぽく終わらせないで欲しかったなぁ。
何故イモちゃんに頼んだか、お金はどこから工面したのか、
お金は何に使ったのか、ハルとの関係は。謎です。
続編欲しいなー。