サクニッキ(はてブロ版)

富士山で放射線量測定

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shizuoka/news/20110709-OYT8T00734.htm

独立行政法人「放射線医学総合研究所」(千葉市)の研究員2人が9日、
富士登山道の放射線量を測定した。自然界には存在しない放射性セシウム
わずかに検出されたが、空間放射線量は通常とほぼ同じだった。
東京電力福島第一原子力発電所の事故後、富士山の放射線量測定は初めて。
 研究員は吉田口5合目(山梨県)から山頂までと、
山頂から須走口5合目(小山町)までの登山道の各合目で、
高さ1メートルの空間放射線量を測定。結果は、
通常とほぼ同じ毎時0・03〜0・05マイクロ・シーベルトだった。
ただ、須走口の6合目でわずかな放射性セシウムを検出、

許せん!!