サクニッキ(はてブロ版)

刻まれない明日

刻まれない明日

刻まれない明日
価格:1,680円(税込、送料別)

開発保留地区――10年前、街の中心部にあるその場所から理由もなく、3095人の人間が消え去った。今でも街はあたかも彼らが存在するように生活を営んでいる。しかし、10年目の今年、彼らの営みは少しずつ消えようとしていた。大切な人を失った人々が悲しみを乗り越え新たな一歩を踏み出す姿を描く。

三崎亜記作品、やっぱり突飛だw
登場人物の住むビルが「七階論争」のあったビルなのが、三崎作品ファンとして嬉しかった。
んー、でも不完全燃焼!
結局みんなどーなっちゃったの!?と。
「今」や「未来」はわかるけど「過去」が気になる。どこでどうしてたのか知りたかった。
そして戻って来て欲しかった。
ラストの章が優等生っぽくてイヤ。