サクニッキ(はてブロ版)

こどものころにみた夢

こどものころにみた夢

こどものころにみた夢
価格:1,995円(税込、送料別)

人気作家12人による「夢」の「絵本」! 怖い夢、儚い夢、おもらしの夢? 豪華作家陣が美しい絵とと共に綴る「夢」の物語。【目次】男(角田光代/網中いづる)/ガラスの便器(石田衣良/松尾たい子)/さよなら、猫(島本理生/鯰江光二)/水の恵み(阿川弘之/木内達朗)/タイムリミット(辻村深月/吉田尚令)/ヘビ(西加奈子)/ふたり流れる(市川拓司/いとう瞳)/ハントヘン(堀江敏幸/中村純司)/雲の下の街(柴崎友香/田雜芳一)/衣がえ(長野まゆみ望月通陽)/おしっこを夢から出すな(穂村弘/ささめやゆき)/さらば、ゴヂラ(高橋源一郎しりあがり寿

大人の絵本という感じの綺麗な本。イラストがいいんだろうな。
画の印象の方が強いw
吉田尚令さんの背景画が好き。
西加奈子の新しい一面を発見。この人は良くも悪くも汚れていないというか子供というか
ピュアなんだろうな。うまい形容詞が見つからんけど。画をみて今までの文章も納得。
田雜芳一さんの画は紡木たくかと思ったw
中村純司さん、望月通陽さん。
お話は、さよなら、猫、タイムリミット、ふたり流れる、衣がえ。