サクニッキ(はてブロ版)

九大、新たな発見

九大、がん根絶のための新治療法開発に大きく一歩前進する新たな発見
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/08/31/087/

今回の研究では、「正常造血幹細胞」(HSC)および「白血病幹細胞」(LSC)の
遺伝子発現パターンが、急性骨髄性白血病(AML)の独立した生存予測因子であることを
明らかにした。そのことから、がん幹細胞モデルが単に実験モデル上での概念ではなく、
直接的に臨床的意義を持つことを証明したのである。

なんだか色々難しい。
ソース元の記事が消えない事を祈る。
ミクコミュへの転載まとめ悩み。