サクニッキ(はてブロ版)

悪性度の高い白血病でも生体内増殖を抑制

東大、悪性度の高いリンパ腫・白血病でも生体内増殖を抑制できる薬剤を開発
http://journal.mycom.co.jp/news/2011/10/04/009/

東京大学(東大)は、組織内浸潤を促進するタンパク分解酵素
「マトリックスメタロプロテイナーゼ」(MMP)の活性を抑制し、
悪性度の高いリンパ腫・白血病の生体内増殖を抑制できる、
血液線維素溶解系因子「プラスミン」の阻害剤の開発に成功したと発表した。


従来の抗がん剤は細胞殺傷作用などの副作用があるが、
今回の薬剤はそれらが存在しないことが大きな特徴。

東大公式
http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_230929_j.html