サクニッキ(はてブロ版)

I'm sorry,mama.

I'm sorry,mama./アイムソーリー、ママ

I'm sorry,mama./アイムソーリー、ママ
価格:1,470円(税込、送料別)

人はどこまで邪悪になれるのか。児童福祉施設の保育士だった美佐江が、自宅アパートで25歳年下の夫と共に焼死した。事件の背景に盗み、殺人、逃亡を繰り返す女、アイ子の姿が見える時、更なる事件が引き起こされる。私は、女の顔をした悪魔を一人知っているのです。その女のしたことを考えるだけで、ぞっとします。彼女の本当の名前が何というのか、今現在、何という名前を名乗っているのかは知りませんけど、もちろん彼女はまだ生存していて、人を騙し続けています。そして、へいぜんと人を殺し続けています。かつて女であった怪物たちへ、そして、これから怪物になる女たちへ捧ぐ、衝撃の問題作。

いやー、面白かった。うーん。残念だった。
緑の毒で惹かれて読んだけど、緑の毒同様終盤が残念。
悪事の数々と、追い詰められていく様は面白いのだけど、
突然エミさんが母だと告白。いきなり芽生える後悔。おかしい。
エミさんは実の娘に売春させてたって事?そこはいいの?
アダムがいた時にいなかったのは何故?庭が掘られていたのは何故?
エミさんがアイ子の悪事を事細かに知っていたのは何故?
ワープロで起こしてどうする気だったの?
洗濯屋の人間関係の謎。70過ぎても…なの?