サクニッキ(はてブロ版)

シンメトリー

シンメトリー

シンメトリー
価格:1,575円(税込、送料別)

姫川玲子は、警視庁捜査一課殺人犯捜査係に所属する刑事だ。主任として、「姫川班」を率い、殺人事件の捜査にあたっている。なりたくてなった刑事、三度の飯より捜査活動が好き、できれば派手な事件に挑みたい。そんな女だ。しかし、事件の真相と司法との間には、割り切れぬ闇も確実に存在して…。警察小説の愉しみに満ちた傑作。【目次】東京/過ぎた正義/右では殴らない/シンメトリー/左から見た場合/悪しき実/手紙

ストロベリーナイト、姫川、イマイチとか言いながら読んでしまったのは、
やっぱり偶然つけたTVで竹内結子ちゃんがJKに事情聴取してるシーンを目にしてしまたから。
なんだそりゃ?ありえないでしょ?そんな簡単にゲロっちゃうの?
きっと尺のせいだ、勝手に脚本変えられてんだ。と思って。


今回のお話は短編集。ストロベリーナイトと違って読み易くいい話も多かった。
が、しかし、右では殴らないのゲロり方はTVと全く同じで、
いい話とこの話を書いた人が同一とは思えなかった。そんなのの繰り返し。
誉田さんはM男か、または気の強い女をねじ伏せたい派なのかな?そんな風に
考えてしまうほどに姫川は所々で反感を買いそうな余計な発言が多い。