サクニッキ(はてブロ版)

感染遊戯

感染遊戯

感染遊戯
価格:1,680円(税込、送料別)

捜査一課殺人犯捜査係のガンテツこと勝俣健作が手がけた、製薬会社サラリーマンの殺人事件。息子の起こした殺人事件によって刑事の職を追われる直前、倉田修二がかかわることになった、二人の男女を襲った路上殺傷事件。姫川玲子班解体直前、殺人犯捜査第十係に所属していた葉山則之が担当した、世田谷の老人同士の小競り合い。事件の規模も様相もさまざまだが、共通している点が、ひとつあった。それは、被害者の個人情報を、犯人は何らかの手段で手に入れているらしきこと。事件の背後には何があるのか!?-。

なんだかんだでほんださん。
ぶたぶたさんシリーズの合間でも読み進める事が出来たので読み易いんだと思う。
「過ぎた正義」は印象強く好きな話だったので、「連鎖誘導〜チェイントラップ〜」は面白かった。
「過ぎた正義」の細かい話を忘れて入り込んでしまい、話の終わり方に、愕然。
あぁ、そうだった!あぁ、こういう終わり方をするなんて!いい意味で予想外だった。
「シンメトリー」を先に読んで良かったと思った。
過去パートはどれも面白く読めたけど、現代パートはちょっと…だった。
姫川も嫌いだけど、ガンテツもやっぱり嫌い。