サクニッキ(はてブロ版)

洋菓子店コアンドル

洋菓子店コアンドル

洋菓子店コアンドル
価格:4,195円(税込、送料別)

伝説のパティシエと呼ばれながら、8年前にある理由でスイーツ界から身を引いた十村遼太郎。今は製菓専門学校の講師をしながらスイーツ評論家をしているが、心に闇を抱えている。昔馴染みのパティシエ、依子が経営する洋菓子店「パティスリー・コアンドル」に立ち寄った十村は、恋人を追って鹿児島から上京したケーキ屋の娘、臼場なつめと偶然出会う。見習いとして「コアンドル」で働き始めるなつめ。依子や仲間たち、常連客に支えられながら、一生懸命に自分の居場所を見つけようとする彼女の姿に、十村の心は動かされ、少しずつ過去と向き合い始めていく。そんなある日、依子が怪我をしてしまい、「コアンドル」は最大のピンチを迎える・・・。

映画館で観たかったけど、県内のすごく遠いシネコンや
映画館でしか上映されていなくて、上映と往復時間を考えると6時間はかかって、
諦めて観なかった映画。やっとDVD。
なんで好きじゃない物なのにケーキやコーヒーはキレイなのかなーと思った。
ケーキやコーヒードームは食べ物ではなく青空や若芽のように好きなんだと気付いた。
蒼井優がいつも持ち歩いているバッグが非常に気になった。
アンパンマンの普通なお姉さま役は素敵だった。
蒼井優の役の性格は有り得ない。世の中全員に嫌われて宜しい。
特に江口に対するあれはなんだ?喋って2回目で子供の死から立ち直れ逃げるなとか、
蒼井優がグーで殴られても殴った方をかばうね。
みんなはわかったけど、彼女の成長っぷりが全然わからんw
でも、内容ではなく、ケーキの美しさ、作る工程を楽しめる映画だと思っていたので、
その点では前半で充分楽しめた。良かった。