サクニッキ(はてブロ版)

パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本
価格:3,112円(税込、送料別)

舞台はちょっと変わった人たちが集まっている、とある病院。中でもわがまま放題のクソジジイ・大貫は病院中の嫌われ者。そんな大貫がある日パコという名の女の子と出会います。パコは同じ絵本を毎日楽しそうに読んでる女の子。ところが、大貫はそんな天使のような女の子まで自分の勘違いでぶってしまいます。でも、翌日になるとパコはケロっとした顔でまた大貫に近づいてきます。実はパコは記憶が1日しかもたない女の子だったのです。だから、大貫にぶたれたことも忘れてたのです。それを知った大貫はさすがに反省し、パコに誤ろうとそのほっぺに触れた時、驚くべきことが起こります。「おじさん、昨日もパコのほっぺに触ったよね?」昨日のことを覚えていないはずのパコが大貫のことを覚えていたのです。しかも、触ったんじゃなくて、ぶったというのに。そこから大貫は自分の人生を反省し、パコのために何かしてあげられないかと思い始め、あることを思いつきます。それは、病院のみんなでパコが読んでる絵本のお芝居をしてあげること。そして、いよいよワクワクドキドキのお芝居が始まりますが、実はそこにはある運命が回り始めてるのでした・・・。

久しぶりに良かった映画。
小説を何年か前に読んで良かったので、正直観るのを悩んだ。
でも小説の世界観を崩さない、寧ろ広げる素敵な映像だった。
CGアニメと実写の組み合わせも面白く、途中から観出したオチビも気に入ったみたい。
内容を知っているので、途中からどのシーンを見てもウルウルしてしまったのは困ったけど、
本も映画もよかった。
  ブログ内関連記事:http://d.hatena.ne.jp/da_abll39/20081120/p1