サクニッキ(はてブロ版)

ナデナデ

昨日の夜、オチビより先に横になっていたらそばに来て、
アタシの髪を撫でながら「よしよぉし」って。
目を閉じたまま笑ったら、もっと撫でられた。
「あたま、なでられるときもちーね…」そんな事を呟いたつもりだったけど、
はたしてそれは口から言葉として発せられたかどうかは不明。
オチビは「今日はチビがお母さんだよー」と言いながら、
いつものようにアタシの手を自分の口元に引き寄せた。


お母さんは… そんなことはしません…。