サクニッキ(はてブロ版)

惨劇アルバム

惨劇アルバム [ 小林泰三 ]

惨劇アルバム [ 小林泰三 ]
価格:650円(税込、送料別)

なぜわたしの人生には、幸せなことしか起こらないのか?美咲は、古びたアルバムを開いた。彼からのプロポーズ、大学合格…そこには様々な幸福の光景が。ところが、一枚の写真から蘇ってきたのは、(自分は幼い頃に死んだ)という、あまりにも鮮明な記憶だった。混乱する美咲に母が語り始めた、戦慄の「家族の物語」とは?悪夢と惨劇に彩られた恐怖の連作集。

久しぶりの小林泰三*1作品。
何も見ないで温泉へのお共にバッグに入れて、いざ読もうと表紙を見たら
御茶漬海苔のイラストでテンション上がった。
そんな感じで入ったので、前半は御茶漬海苔の描いた漫画にありそうな内容に、
あう、あう。と楽しく読んでいたのだが、途中からちょっと…。
屁理屈が多過ぎていやになってきた。完璧な子供(胎児)を望むのはわかるんだけど、
それならそんな母親はコンビニのおにぎりなんて食べないし、
一時期のアタシのようにパン類、麺類さえも店で買わず、自分で作るだろうし。
そう、自分が作っていたから、
汚れなき子を望む母親の気持ちは凄く良く解かるのだけどね。甘い。
後半は謎。アタシの受け皿がいけないのかも知れないけど、
福はいつ生まれたの?怪物って誰? んー!色々わかんない、知りたい!
御茶漬海苔もう一度読みたい!そんな感想を持った結末でした。

*1:タイゾウと変換していたけどヤスミさんなのね。