サクニッキ(はてブロ版)

猫の生る木

生後1年未満の小さな母さん猫が、突然木で爪を磨ぎ出すと、
これまた突然、そのまま登り出した。
なんだ?とビックリして見ていると、上の方に白い子猫がいた。
どうも降りれなくなってしまったらしい。
彼?は木に登る前には蝉を捕まえて食べていたのでΣ((((((゚д゚;ノ)ノ
きっとヤンチャで、興味のまま突っ走るタイプなんだろう。
母さんが、子猫がいる枝より少し下にある塀の上に座ると、
おっとりで何回かおいてきぼりを食らったもう1匹の子が、
「えーん!置いてかないでー」とばかりに一生懸命木によじ登り出した。
その時のアタシとオチビと母さん猫の表情はきっと同じだった筈ww
f:id:da_abll39:20120908201118j:image
子猫2匹で木の上で遊び出し、遊んでいるうちに塀の上まで降りて来られたよ。
お帰りの際は、白い子は何なく塀から降りたのに対し、
シマ三毛はこれまたオドオド×2…エイッバリッともたくさ降りて行った。
同じ母さんから同じ日に生まれても全然個性が違って可愛らしい。
人間も、兄弟を同じように大らかな目で見守っていければいいね。


猫の性格 どうやって決まる?
http://news.biglobe.ne.jp/entertainment/0906/aab_120906_0501397468.html