サクニッキ(はてブロ版)

整形前夜

整形前夜 [ 穂村弘 ]

整形前夜 [ 穂村弘 ]
価格:1,470円(税込、送料別)

女の人、エレガンス、憧れるのにわからない。昨年伊藤整文学賞と短歌研究賞をW受賞した、今最も注目の歌人穂村弘氏の最新エッセイ集。キラキラしたものへの憧れと焦りをちりばめた可笑しくて切ない一冊。【目次】 非エレガンスのドミノ倒し/七三からの脱出/髪型との戦い/男の証/素敵男子への第一歩/著者近影/映画と現実/もうひとつの時間/女たちが消える日/檸檬の記憶〔ほか〕

穂村さん祭り続行中。この人の短歌はそんなにだけど、
エッセイはすごく好き。ちょっと気持ち悪いけどw
でもこの本はなんか今までと違ってちょっと哲学的だった。
話の終わりに短歌があるのも良かった。


31文字の近代短歌はなんとなくわかるし、言葉の美しさとか、
奥ゆかしさとか感じる物があるんだけど、現代短歌の自由さは逆に混乱する。
短歌じゃないじゃないか!といえば短歌じゃないし、
短歌のつもりじゃないのに、短歌ってなっちゃうこともある気がする。
制約がないって色んな意味でいやだわ。