サクニッキ(はてブロ版)

平等ゲーム

平等ゲーム [ 桂望実 ]

平等ゲーム [ 桂望実 ]
価格:1,575円(税込、送料別)

瀬戸内海に浮かぶ「鷹の島」。そこでは…島民1600人が、全員平等。現代社会の歪みを是正するために生まれた、究極の楽園。人々は、嫉妬や私欲にかられることなく、何不自由ない豊かな生活を約束されている。まさに、天国。の、はずだったー。

タイトルにゲームとあるけど、ゲーム要素はない。
もっと島の暮らしをメインに書いてあると思ったのでその辺は残念。
でも、普通の生活を描く事によって島の暮らしを想像するように仕向けてあるのかも。
平等である為の監視。必要な気もするし、監視する時点で平等ではない気もするし、
平等って難しいなぁ。平等でいたい気持ちもわかるし、
私だけが輝きたいという思いもわかる。ホント難しい。
あ、でもこの本はそんな難しくない。寧ろ軽いw
船員さんはいい人だけど、あんな人が実際いたら仕事は成り立たないと思う。
http://nozomi-katsura.jp/books/byodogame.html


ちょうどmixiコミュの運営に嫌気がさしている時にタイムリーな感じだった。
臨機応変。その言葉は好きだけど、見知らぬwebの人にそれをやっては収拾がつかない。
ましてや管理人なんだから公平に公平に…。
三者の目線に置き換え見れば、容易に想像できるあれやこれ。
だからこそ誰に対しても平等にしようと思っているのだけど、それはそれでまた…。
自分の本意とは違う場合でも型通り行動することに疲れた。
イヤだけど受け入れる。わかるけど切り捨てる。辛い。