サクニッキ(はてブロ版)

3月の読書メーター

2013年3月の読書メーター
読んだ本の数:24冊
読んだページ数:4352ページ

FYTTE (フィッテ) 2013年 05月号 [雑誌]FYTTE (フィッテ) 2013年 05月号 [雑誌]感想
寿司好きの家人がカロリー制限があるのでカロリー手帳目当てに久しぶりに買って読んだ。昔友人が定期購読していて、50キロ台だった体重が、購読2年目には70キロ台になってしまったのを見ていて、これほど役に立たないジャンルの本はないと思ったw
読了日:3月31日 著者:
アランジアワー全集アランジアワー全集
読了日:3月31日 著者:アランジ アロンゾ
みなさん、さようならみなさん、さようなら感想
面白かった。久しぶりに翌日を気にせず一気読みできた。(am3:30) 映画は知らないけど、私の悟脳内イメージは、動物と戦う人。武井壮?いつも白いタンク着てる人だったw
読了日:3月30日 著者:久保寺 健彦
オテル モルオテル モル
読了日:3月28日 著者:栗田 有起
はじめてだらけの夏休みはじめてだらけの夏休み
読了日:3月27日 著者:唯野 未歩子
モッフル おもちでかんたんクッキングモッフル おもちでかんたんクッキング感想
6年前に初めて食べて気に入ったモッフル。販売店まで遠いので、家庭用プレス機を買ってしまった。家庭用は生産終了で現品限りなので、最後のチャンス。商品が届くまでにレシピを…。と思って図書館でこの本を借りたけど、あんまり参考にならないかな。ようは何でも好きな物を挟めばいいって訳だ。
読了日:3月26日 著者:
終電ごはん終電ごはん感想
タイトルのフォントといい、イラストといい、紙質といい、大きさといい、気負わず作れるレシピ本、まさに「終電ごはん」て感じが良かった。
読了日:3月25日 著者:梅津 有希子,高谷 亜由
常備菜常備菜
読了日:3月25日 著者:飛田 和緒
夏雪ランデブー 4 (Feelコミックス)夏雪ランデブー 4 (Feelコミックス)
読了日:3月25日 著者:河内 遥
夏雪ランデブー(3) (フィールコミックス) (Feelコミックス)夏雪ランデブー(3) (フィールコミックス) (Feelコミックス)
読了日:3月25日 著者:河内 遙
夏雪ランデブー 2 (Feelコミックス)夏雪ランデブー 2 (Feelコミックス)
読了日:3月25日 著者:河内 遙
アカイチゴシロイチゴ (Feelコミックス)アカイチゴシロイチゴ (Feelコミックス)
読了日:3月25日 著者:宇仁田 ゆみ
うさぎドロップ 9  (Feelコミックス)うさぎドロップ 9 (Feelコミックス)
読了日:3月25日 著者:宇仁田 ゆみ
どこから行っても遠い町どこから行っても遠い町
読了日:3月23日 著者:川上 弘美
あなたのことはそれほど 1 (Feelコミックス)あなたのことはそれほど 1 (Feelコミックス)
読了日:3月20日 著者:いくえみ 綾
関根くんの恋(2) (Fx COMICS)関根くんの恋(2) (Fx COMICS)
読了日:3月20日 著者:河内遙
関根くんの恋(1) (エフコミックス)関根くんの恋(1) (エフコミックス)
読了日:3月20日 著者:河内 遙
狛犬ジョンの軌跡狛犬ジョンの軌跡感想
勿体ないわー。軸は面白いのに、余計な部分にさき過ぎ。著者は多分車が好きなんだろうけど、車興味ない人にはわけわかんないよ。チャンバー、セパハン、前だしオイルクーラーとか、昭和だよ。60、70系のチェイサーならわかるけど、レガシィの発売年+10年なんだよね?居場所のない存在を語るにも、小学生時代に何かあったと期待させるも書き出し方から3頁、結局中2なの?なんだかよくわかんないよ?よくわからないまま、分かりたい、最後には繋がってスッキリすることを期待して一気読みw 結局何も繋がらず、狛犬のその後も心配…。続く→
読了日:3月17日 著者:垣根 涼介
常備菜常備菜
読了日:3月15日 著者:飛田 和緒
女ともだち (小学館文庫)女ともだち (小学館文庫)感想
表題は「派遣員」でいいんじゃないかとw 初めて井上荒野の話しがつまらないと思わなかった。角田さんと、川上さんは勿論だけど、栗田さんと唯野さんも面白かった。特に唯野さん、テンポも良かったし、この年代の人特有の女の人のものの考え方が面白い。
読了日:3月14日 著者:角田 光代,井上 荒野,栗田 有起,唯野 未歩子,川上 弘美
へび苺の缶詰 (Feelコミックス)へび苺の缶詰 (Feelコミックス)感想
河内さんの書くモノは哲学的だ。
読了日:3月14日 著者:河内 遥
ぴーちゃんの歌―My dear little friendぴーちゃんの歌―My dear little friend
読了日:3月13日 著者:さかざき ちはる
クウネルがゆく (クウネルの本)クウネルがゆく (クウネルの本)
読了日:3月13日 著者:坂崎 千春
いよう!  (一般書)いよう! (一般書)感想
実際に手に取るまで、「いよう!哲坊」なのか、「いよう!」なのか、ヤキモキした数ヶ月。やっとわかってホッ。やっぱり今回も今までとは違う雰囲気で、毎回いい意味で読み手を裏切ってくれる山田宗樹。前作の百年法は珍しく好きになれなかったので、尚良かった。今までの本には必ずあったたくさんの参考文献が今回はないのが、つまらない反面、作家山田宗樹の機は熟した?!と次回作にも期待させる。割と軽い感じなので、初山田宗樹な人にもオススメ。
読了日:3月13日 著者:山田 宗樹

読書メーター