サクニッキ(はてブロ版)

富士山

最近富士山撮ってないなーと思って。
&星も撮ってないなーと。
以前偶然見つけた所へ行ってみた。

三脚持って行ったけど、久々の手持ち。


実はココに来る前に、どーしても
ウォーターリフレクションを撮りたくて、
別の場所に行ったんだけど、
怖くて車から降りれなかったw
アタシのリフレクション撮りたいっっ!
て思った時はすごいドンピシャに
湖面に細波が立ってなくて、
頭の中のイメージそのまんまの
水面がリアルにあるから、
それを信じて行ってその通りだったのに…。


いつも家の明かりを見ては
包丁研いでる婆や釜持ってる爺を
想像したり、湖面を見れば無数の手や、
林見れば熊を、人見りゃ痛いの怖いとビビってるのですよ。
でも、撮りたいもんが暗闇でしか
成り立たないから仕方ない。
怖いを超える絶景や、絶景を想像させる
空気がある時、ヘコヘコと車から降りるのです。


で、諦めて当初の予定通り
1枚目の画像の場所に行ったのだけど、
空き家だと思っていた藪の中の家に
住んでる気配があって、三脚たてれず
だけどそのまま去る気にもなれずの手持ち。
少し場所を移動すれば、カメラも持たない
作業着メンズ3がいて怖かったし…。


で、納得行かないので
もう0時だったけど田貫湖へ。
こちらも真っ暗だったけど、
湖面の手とか怖かったけど、
波立つ前に根性決めて。

やっぱり想像通り星までもが
水面に写って揺れていた。
そして予想通り直ぐに風がでてきた。
これ以降は逆さ富士見れず。


水辺の草の陰から鴨らしきものに
クエッ!と怒られてビビった。
水がチャプチャプいうのにもずっとバクバクしてた。
水辺から離れて撮った空。

私の後方に1台セダンが停まっていて、
ホントはもっと遅くしたかったけど、
怖くて半端な露光を何回か撮るという
本末転倒な…。
毎回こんな感じで撮ってます。
豊かな想像力が時にアタシの邪魔をする…。